Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mogi2fruits/mogi2fruits.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mogi2fruits/mogi2fruits.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mogi2fruits/mogi2fruits.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mogi2fruits/mogi2fruits.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
【解決済み】Windows10 で OneDrive の同期フォルダを簡単にSDカードへ移動する方法(GUI操作のみ・仮想HDD未使用) | mogi2fruitsどっとねっと

【解決済み】Windows10 で OneDrive の同期フォルダを簡単にSDカードへ移動する方法(GUI操作のみ・仮想HDD未使用)

公開日:  最終更新日:2016/02/20

LINEで送る
Pocket

【2016年2月20日追記】
最新バージョンのOneDriveではこの問題は解決しています。標準で同期先にSDカードを選択できます。OneDrive以外のクラウドストレージなどで同じような問題があれば参考にして下さいm(__)m

 
 

Windows10 で OneDrive の同期フォルダを簡単にSDカードへ移動する方法

ただでさえストレージ容量の少ない(低価格)Windows10タブレットでは、Cドライブの中に勝手にOneDriveフォルダを作られると迷惑なんですよね・・・

で、調べてみると仮想HDDを利用した方法はよく見かけるんですが、設定が手間なんですよね。

参考:ASCII.jp:Windows 10でOneDriveの同期先をメモリカードに移す(前編) (1/2)|Windows Info

↑ この参考サイトによると作業の流れは以下の通り。

1. OneDriveの同期フォルダをすべてオフにしておく
2. VHDXファイルを作成する
3. タスクスケジューラーに自動マウントスクリプトを登録する
4. マウントされた仮想HDDにOneDriveの同期先フォルダを移動する

うん、面倒くさい。

もっと簡単にできる方法がないか調べたところ、こちらのサイトを見つけました ↓

参考:@IT:Windows TIPS — Tips:ディスク・ボリュームをほかのボリュームのフォルダに割り当てる方法(NTFSのリパース・ポイント機能を利用する)

この方法ならコマンドプロンプトすら使わず、GUI操作のみで完結できるので非常に簡単です。ぜひ試してみて下さい。

 

なお、今回の使用しているPCは「EveryPad Pro + microSD(32GB)」になります。いくつか記事を書いていますので興味のある方はどうぞ ↓

EveryPad Pro その後 ~ Windows10アップグレード・BIOSアップデート・タブレット設定・充電しながらUSB機器を使う方法など ~ | mogi2fruitsどっとねっと

Windowsタブレット(EveryPad Pro)に入れたmicroSDにUbuntuをインストールしてデュアルブートする試み → 失敗 | mogi2fruitsどっとねっと

WindowsタブレットがあればもうAndroidタブレットはいらないんじゃね? ~ EveryPad Pro で DuOS を試す話 ~ | mogi2fruitsどっとねっと

EveryPad Pro(by YAMADA) を買ったのでレビューとか初期設定やら注意点やらの備忘録 | mogi2fruitsどっとねっと

 
 

下準備:SDカードをNTFSでフォーマットする

参考サイトによれば「マウント元のボリュームは、必ずNTFSボリュームでなければならない」のでSDカードをNTFSでフォーマットしておきます。

 

Windows10_エクスプローラー_SDカード(Dドライブ)_フォーマット
エクスプローラーを開き「SDカード(ここではDドライブ)を右クリック → フォーマット」から、ファイルシステムに「NTFS」を指定しフォーマットを実行します。

 
 

ディスクの管理:Cドライブ内のフォルダにSDカードをマウントする方法

「ディスクの管理」を開きます。検索するか、スタートアイコンを右クリックすると表示されます。

 

Windows10_ディスクの管理_ドライブ文字とパスの変更_注釈
① 該当のボリューム(ここでは「MICROSD32GB(D:)」)を右クリックし「ドライブ文字とパスの変更」を選択します。

② 開いた「MICROSD32GB(D:)のドライブ文字とパスの変更」画面で、下の「追加」を選択します。

③ 次の「ドライブ文字またはパスの追加」画面で下にある「次の空のNTFSフォルダーにマウントする」にチェックをし、「参照」からマウントしたいフォルダを選択します(ここでは「OS(C:)¥SD_Card」としました)。予めフォルダを作っておくと良いでしょう。

④ 前のウィンドウに戻ると「OS(C:)¥SD_Card」が追加されているのが分かります。

 

以上でマウントは終了です。以後はPCの再起動後でも自動でマウントするようになります。

 
 

OneDrive の同期先フォルダを変更する方法

標準ではユーザーフォルダの直下になっているので、これを先ほどCドライブにマウントした「OS(C:)¥SD_Card」に変更します。

 

Windows10_OneDrive_リンクの解除
通知アイコンにある「OneDriveアイコンを右クリック → 設定 → OneDriveのリンク解除」を選択します。タブレットモードだと通知アイコンが表示されませんので、デスクトップモードにして下さい。

リンクを解除すると、再度Microsoftアカウントにサインインする必要がありますので、同期したいアカウントでサインインしましょう。PCのサインインではありません。PCにサインインした時のアカウントと、利用したいOneDriveのアカウントは別に使うことができます

 

Windows10_OneDrive_フォルダの変更01
フォルダの参照」から「OS(C:)¥SD_Card」を選択することができます。

 

GoogleドライブやDropboxなど他のクラウドストレージも同様の方法で、同期先フォルダを変更することができます。OneDrive以外は元々Cドライブ以外でも変更できると思いますが、もし同じような仕様のものがあれば試してみると良いでしょう。

LINEで送る
Pocket

サイト内検索

スポンサードリンク

これ書いてる人

こんな記事書いてますが本業は ラーメン屋 です。 詳細はコチラ



follow us in feedly

PAGE TOP ↑