Windows10の軽量・高速化設定アレコレまとめ(通知・視覚効果・サービス・バックグラウンドアプリ・代替シェル他)

公開日: 

LINEで送る
Pocket

Windows10_icon01

いくらWindows10とは言え一昔前のネットブックや、最近でもタブレットでは流石に重いんで軽量化設定をまとめておきたいと思います。個人的に「古いモノを如何に長持ちさせるか」を考えるのが楽しいんで・・・

筆者にとってWindowsによる「おせっかい」だと思われる機能はどんどん無効にしていきます。ただやり過ぎると見た目が非常につまらないモノになりがちなので、必要だと思うものは手を出さない方がいいです。スペックに合わせて設定して下さい。

 
 

Cドライブの空き容量確保

Cドライブが容量不足になってしまうとシステムにも負担がかかってくるので、コレを解消します。

ディスクのクリーンアップ

Lenovo_Miix28_ディスクのクリーンアップ
ファイルエクスプローラーから PC → Cドライブ → プロパティ → 全般 から「ディスクのクリーンアップ」を行います。特にWindows7・8・8.1から10へアップグレードした場合は旧バージョンに戻せるように「Windows.old」なるファイルもあるのでこれも削除します(戻す可能性があれば削除しない)。

 

アプリなどの保存場所をDドライブに移動

MicroSDがDドライブとして認識されているとして、
設定 → システム → ストレージ → 保存場所 から「新しいアプリの保存先(他ドキュメント・音楽など)」を全てDドライブに変更します。

 

「ダウンロード」「ドキュメント」などのユーザーフォルダをDドライブに移動

Lenovo_Miix28_ユーザーフォルダの移動
「ダウンロード」「ドキュメント」などのユーザーフォルダ(ライブラリフォルダ)を全てDドライブに移動します。ファイルエクスプローラーから該当フォルダを右クリックし、プロパティ → 場所 → 移動 から移動先フォルダを指定します。一度全てのユーザーフォルダをDドライブにコピーしてから行うと設定も楽です。アイコンもそのままですし。

 
 

不要なレジストリ・履歴・キャッシュなどの削除

Ccleanerが便利ですね。無料版で十分かと思います。スタートアップするアプリの管理もできますね。使い方は割愛します。

公式:CCleaner – Free Download – Piriform
窓の杜:CCleaner – 窓の杜ライブラリ

ちなみに ツール → インストール情報 から、通常ではアンインストールできないストアアプリ(「ストア」や「メール」など)も削除することができます。・・・が、後で泣きを見るかもしれないので削除しない方がいいです。システムのアップグレードでまた勝手にインストールされたりしますので、困ったら更新してみましょう。

 
 

不要なアプリの削除

設定 → システム → アプリと機能 または、コントロールパネル → プログラムと機能 からアンインストールできます。・・・が、インストール時にレジストリを追加・編集するタイプのアプリだとコレを削除できません。GeekUninstaller をおすすめします。このアプリでアンインストールを行った場合、不要なレジストリも削除してくれます。上述のCCleanerと併用すると良いでしょう。

公式:GeekUninstaller | GeekUninstaller
窓の杜:GeekUninstaller – 窓の杜ライブラリ

 
 

アプリの通知

設定 → システム → 通知とアクション から「アプリやその他の送信者からの通知を取得する」をオフ、「Windowsを使用するためのヒントやおすすめ方法を取得」をオフにします。

 
 

スタート画面

設定 → 個人用設定 → スタート から「ときどきスタート画面におすすめを表示する」などを全てオフにする。

 
 

設定の同期

設定 → アカウント → 設定の同期 から「設定の同期」をオフにします。

 
 

視覚オプション

設定 → 簡単操作 → その他のオプション → 視覚効果 から「Windowsでアニメーションを再生する」「Windowsの背景を表示する」をオフにします。ただしアニメーション効果や背景・テーマの変更はできなくなります。

 
 

テーマ

上記の「視覚オプションで設定」で「Windowsの背景を表示する」をオフにしなかった場合は、設定 → 個人用設定 → テーマ、または コントロールパネル → 個人用設定 からテーマを変更できます。

軽量化を期待するなら「ハイコントラストテーマ」に設定します。ただし色数が少なくなるため、ブラウザでもなんでも非常に見難くなります。

 
 

プライバシーの設定

Microsoftアカウントを利用して便利に使いたい方は非推奨です。

設定 → プライバシー → 通知 から「アプリが通知にアクセスすることを許可する」をオフにする。

設定 → プライバシー → アカウント情報 から「自分の名前、画像、その他のアカウント情報にアプリがアクセスすることを許可する」をオフにします。

設定 → プライバシー →連絡先 から「アプリが連絡先にアクセスすることを許可する」をオフにします。

設定 → プライバシー → カレンダー から「アプリがカレンダーにアクセスすることを許可する」をオフにします。

設定 → プライバシー → 通話履歴 から「アプリが通話履歴にアクセスすることを許可する」をオフにします。

設定 → プライバシー → メール から「アプリがアクセスしてメールを送信することを許可する」をオフにします。

設定 → プライバシー → メッセージング から「アプリがメッセージ(SMSまたはMMS)の読み取りや送信を行うことを許可する」をオフにします。

設定 → プライバシー → バックグラウンドアプリ から不要なアプリのバックグラウンドによる実行を無効にします。環境に合わせて設定して下さい。

 
 

スタートアップアプリ(自動起動するアプリ)

タスクマネージャー(詳細表示) → スタートアップ から該当のアプリを右クリック → 無効化(もしくは該当のアプリを選択した状態で
[無効にする]をクリック) で自動起動を無効化できます。利用しないのであれば「OneDrive」を無効化しても問題ありません。

逆に自動起動させたいアプリがあれば実行ファイル、もしくはそのショートカットを「PC/ローカルディスク(C:)/ProgramData/Microsoft/Windows/Start Menu/プログラム/スタートアップ」にコピーすると自動起動に設定できます。

 
 

サービス

コントロールパネル → 管理ツール → サービス から、不要なサービスを無効化します。「自動」とか「手動(トリガー開始)」などとなっているサービスは必要なときに開始するものなので放っておいても構わないと思います。起動した覚えもないのに「状態」が「実行中」となっているサービスの中から不要なモノを無効化すると良いと思います。筆者はゲームをやらないのでXbox関連の「Xbox Live Auth Manager」「Xbox Live セーブデータ」「XboxNetApiSvc」などは無効にしました。

何が不要なサービスなのかは検索すると色々出てくるので、そちらを参考にして下さい。
参考:windows10 サービス 無効 – Google 検索

 
 

メモリの開放(empty.exe)

Microsoftが提供している「empty.exe」がおすすめです。導入手順は以下の通り。

 

1.Download Windows Server 2003 Resource Kit Tools from Official Microsoft Download Centerから「Windows Server 2003 Resource Kit Tools」をダウンロードする。ファイル名は「rktools.exe」。

2.rktools.exe 実行・インストールし、インストール先のフォルダから「empty.exe」を「C:​/​W​I​N​D​O​W​S​/​s​y​s​t​e​m​3​2」にコピーする。

3.バッチファイル(empty.bat)を作成する。メモ帳で新規作成し、ファイル名を「empty.bat」とする。テキストの内容は以下の通り。

4.「empty.bat」を「「PC/ローカルディスク(C:)/Program Files(あるいは「PC/ローカルディスク(C:)/Program Files (x86)」)などに保存しておき、ショートカットを「PC/ローカルディスク(C:)/ProgramData/Microsoft/Windows/Start Menu/プログラム」にコピーしておくとスタートメニューから起動できたり、タスクバーに固定できるので便利。

補足:2.でインストールしなくても、7zipなどで「rktools.msi」を展開(解凍)できるのであれば「empty.exe」を取り出すことができる。

 

「empty.exe」や「empty.bat」は一度用意してしまえば、初期化したときや別のPCにも使えるので外部メディアなどに保存しておくと良いと思います。

 
 

【番外編】bbLean:代替シェルの導入

Example:Windows10&BBlean
画像元:Screenshots – bbLean Rainmeter Windows 10 by sickdroid – Customize.org

公式:bblean

そもそも「エクスプローラー」でさえ重いって方は代替シェル(シェル – Wikipedia)として「bbLean」はどうでしょう。 見た目も動作も劇的に変わります。Linuxのデスクトップ環境でOpenboxを使っている方なら違和感なく使えるんじゃないでしょうか。ただし「エクスプローラー」に比べれば機能は少なくなりますし、設定が難しいと思います。カスタマイズ好きならチャレンジする価値はありますね。

LINEで送る
Pocket

サイト内検索

スポンサードリンク

これ書いてる人

こんな記事書いてますが本業は ラーメン屋 です。 詳細はコチラ



follow us in feedly

PAGE TOP ↑