Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mogi2fruits/mogi2fruits.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mogi2fruits/mogi2fruits.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mogi2fruits/mogi2fruits.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mogi2fruits/mogi2fruits.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
Windows10 で以前まで使えていたドライバーがインストールできないときの対処 ~署名無しのドライバーをインストールする方法~ | mogi2fruitsどっとねっと

Windows10 で以前まで使えていたドライバーがインストールできないときの対処 ~署名無しのドライバーをインストールする方法~

公開日: 

LINEで送る
Pocket

dynabook-EX55LWH_デバイスマネージャー_アイキャッチ

ウチの店では勤怠管理にタイムレコーダーを使っています。こんなの ↓

で、コレをPCに繋いでデータを取り込んで給与計算してたんですよ。以前のWindows7では使えてたんですが、Windows10にしたらドライバーが認識できず、データが取り込めなくて困ったと・・・

サポートセンターに連絡するも、ハードもソフトもVistaまでしか対応していないからサポート対象外とのこと。確かにWin7(32bit)からWin10(64bit)へ切り替えたんで無理があったかもしれませんが・・・(過去記事:Windows7(32bit) を Windows10(64bit) にして4GB以上のメモリをフルに使えるようにする話(もちろん無料で) | mogi2fruitsどっとねっと

このメーカーの新しいタイムレコーダーもまだWin10には正式対応していないし、例え対応していても安い買い物ではないので何とか自力で対応したいってのが今回の話です。

Windows10 でドライバーを更新する方法(通常)

Acer-AspireOne533_Win10Clean_デバイスマネージャー02

↑ デバイスマネージャーを開いたところです。「[スタート]を右クリック」するか、「検索」から開いて下さい。

画像のようにドライバーが対応していない場合はそこに「ビックリマーク」が付いています。右クリックから「プロパティ → ドライバーの更新 → ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索します」で大抵の場合解決します。

見つからない場合や、手動で更新したい場合は「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します」から更新を行います。製品に付属しているインストールCDや、メーカーサイトでダウンロードしたものを使います。

Windows10 で”署名の無い”ドライバーをインストールする方法

dynabook-EX55LWH_デバイスマネージャー01
ところが今回の場合、上の画像のようなエラーが出てしまいドライバーがインストールできません。エラーメッセージは「指定されたカタログファイルにファイルのハッシュがありません。ファイルが壊れているか、改ざんされた可能性があります」と表示されています。調べてみるとどうやら「署名が無いドライバー」をインストールしようとすると、このようなエラーが出るようです。Win10ではこのようなドライバーはインストールさせないのがデフォルトのようです。セキュリティ上の問題でしょうね。

以下の記事を参考にさせていただきました ↓
参考①:Windows 8で署名の無いドライバをインストールする方法(テストモード無し) | TeraDas-テラダス
参考②:Windows10で署名なしドライバをインストールする方法/テストモードにする方法

ドライバー署名の強制を無効にする」ことで強制的にインストールします(自己責任でお願いします)。

Windows10_PCの起動をカスタマイズする
参考:Windows 10 でスタートアップ設定を変更する方法 – Windows ヘルプ –

設定 → 更新とセキュリティ → 回復 → PCの起動をカスタマイズする → 今すぐ再起動する」から再起動をします。もしくは「[スタート] → 電源 → [再起動]をShiftを押しながらクリック」でも同様です。

オプション選択画面 → トラブルシューティング → 詳細オプション → スタートアップ設定 → 再起動」と続き、再起動後に次のような画面になります。

Windows10_スタートアップ設定_オプション
この画面も「スタートアップ設定」ですが、前述の画面とは異なります(ややこしい・・・)。

キーボードの[7]を押すと「ドライバ署名の強制を無効化した状態」でPCを起動できます。

あとは通常通り「デバイスマネージャー」からドライバーをインストールするだけです。「ドライバーソフトウェアの発行元を検証できません」と警告が出ますがそのまま「このドライバーソフトウェアをインストールします」を選択すればインストールできます。

それでも認識できない場合は? – COMポートを見直してみる

dynabook-EX55LWH_デバイスマネージャー02
用語解説:COMポートとは|COM port|communication port – 意味/解説/説明/定義 : IT用語辞典

今回の場合はコレで解決できました。

デバイスマネージャー → ポート(COMとLPT) → プロパティ → ポートの設定 → 詳細設定 → COMポート番号」から変更できます。

あとはケーブルを抜き差しするとか、ドライバーのインストール後にPCを再起動するとかですかね・・・

Windows10 でドライバーがインストールできない、署名無しのドライバーをインストールする方法は以上です。
お疲れさまでしたm(__)m

LINEで送る
Pocket

サイト内検索

スポンサードリンク

これ書いてる人

こんな記事書いてますが本業は ラーメン屋 です。 詳細はコチラ



follow us in feedly

PAGE TOP ↑