Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mogi2fruits/mogi2fruits.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mogi2fruits/mogi2fruits.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mogi2fruits/mogi2fruits.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/mogi2fruits/mogi2fruits.net/public_html/wp-content/plugins/head-cleaner/head-cleaner.php on line 2895
[Windows10] Windows Update KB3081436(または KB3081436) が適用されない場合の対処方法 (Windows7 → 10 の例) | mogi2fruitsどっとねっと

[Windows10] Windows Update KB3081436(または KB3081436) が適用されない場合の対処方法 (Windows7 → 10 の例)

公開日: 

LINEで送る
Pocket

巷では延々と再起動ループされる状態になる人もいるようですが、ウチはそこまでひどくはありませんでした・・・

しかし Windows Update の更新があるにもかかわらず更新できないのも気分が悪いので、なんとか対処してみたときのメモを残しておきます。

参考になれば幸いです。

結論(あくまでウチの環境での話)

Gateway-NV59C_Win10_update_KB3081436_レジストリエディタ

レジストリエディタで「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList」にある「S-1-5-21~~~」から始まる複数のキーの中で、「ProfileImagePath」を確認し、現在メインで使用中のアカウント名以外の名前があれば、そのキー(S-1-5-21~~~)を削除する。

結論だけ言うと以上ですが、この解決方法が他の方にも該当するかどうかは分かりません。ウチのPC環境やこれまでの推移を以下に書いておきます。

ちなみにレジストリエディタは「Win + R」キーから「regedit」と入力すると起動できます。

PC環境とアップグレードの推移

使用しているPCは「Gateway NV59C(2010年モデル)」というノートPCです。スペックはこんな感じ↓

OS:Windows7 HOME
CPU:Intel Core i3-350M (2.27GHz )
Memory:8GB DDR3
GPU:Intel(R) HD Graphics

Win7なので当然ローカルアカウントで運用。これをWindows10にアップグレードする。

Microsoftの公式サイトから「Windows 10 のダウンロード」からツールを入手し、手動でアップグレードした。

Win10にした後はMicrosoftアカウント( ●●●@outlook.com)で運用。元のローカルアカウントは削除した。

このMicrosoftアカウントで自動サインインするように設定した。

※自動サインインの設定についてはこちらを参考にして下さい(↓)
参考:121ware.com > サービス&サポート > Q&A > Q&A番号 014273

Windows Update KB3081436 での不具合

Gateway-NV59C_Win10_update_KB3081436_before

Windows Update の更新(KB3081436)があったので更新。適用するためそのまま再起動。

再起動するも画面が真っ暗になる。マウスカーソルは表示されるし、マウスで動かすことはできる。しかし何もできない。電源ボタンで強制終了する。

再起動した時に、「アップグレードの更新が失敗したので、更新しないで起動する」みたいなメッセージが表示され、通常通り起動できた。

Windows Update を見るとやはり更新プログラム(KB3081436)が表示される。このまま更新しようとしても上記の繰り返しで、適用されずに再起動される。

Windows Update KB3081436 の問題発生から更新適用までの推移

参考①:Windows10の累積アップデート「KB3081424」または「KB3081436」で再起動ループが発生した時の対処方法

上の記事を参考に対処を試みる。参考記事によればレジストリエディタでの作業が必要とのこと。
※この参考記事に「『KB3081424』または『KB3081436』で ~ 」とあったので、当記事タイトルもこれに倣いました。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\ProfileList」に「S-1-5-21~~~」から始まるキーが複数ある場合、文字列「ProfileImagePath」の「値」に「既に存在しないユーザー」があると問題が発生するとのこと。

しかしウチのPCで調べてみると「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion」には「ProfileList」が無かった。

たまたまそこにあった「RegisteredOwner(使用者名)」を変更しようとして調べていたら以下の記事を見つける(↓)。

参考②:徒然なるままに Windows Server 2008 x64で使用者名と会社名のレジストリ

ここで「WOW64環境」なるものを知る。もしやと思い「HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion」を見てみると「ProfileList」を発見。

参考記事①にあるように「S-1-5-21~~~」から始まるキーが複数あることを確認。

それぞれの「ProfileImagePath」を見てみると、現在使用中のアカウント名の他に、既に削除したWin7のローカルアカウント名と、「Administor」が存在した。Windows10では「Administor」というアカウントは使われていないようなので、2つ合わせて削除。

その後 Windows Update から「KB3081436」を更新、再起動すると、問題無く適用された状態で起動することができた。

Gateway-NV59C_Win10_update_KB3081436_after

LINEで送る
Pocket

サイト内検索

スポンサードリンク

これ書いてる人

こんな記事書いてますが本業は ラーメン屋 です。 詳細はコチラ



follow us in feedly

PAGE TOP ↑