wattOS R7 日本語版 ~軽量・省電力Linuxでバッテリーにも優しい?~(OpenSSL のバグ有り)

公開日:  最終更新日:2014/05/28

LINEで送る
Pocket


【2014年5月28日追記】
※ 注意 ※
現在このバージョンR7には「OpenSSL のバグ」があるとのことです。この記事は”参考“としてご覧ください。

▼教えてくれた方▼

当記事の自動ツイートを停止しました。

▼この方のサイト▼
wattOS 日本語解説サイト – wattOSjp

▼上記サイトから引用▼

wattOS R7 および R7.5 は Ubuntu 13.04 ベースになっています。
Ubuntu 13.04 は2014年1月を持ってパッケージの更新が停止されました。
2014年4月に発生している OpenSSL セキュリティ問題に対して
パッケージの更新が行われていません。危険な状態です。

wattOS R6 は Ubuntu 12.04 LTS ベースなので、
Ubuntu パッケージは今後も更新が得られますが、
wattOS は旧バージョン扱いになっているため、R8 への更新がおすすめです。

特に R7・R7.5 利用者はおはやめに R8 への移行をおすすめします。
ただし R8 への更新はクリーンインストールが必須となります。

てことらしいです。以下の記事ではR7を紹介していますがR8をインストールしましょう。記事自体は”記録”として残します。


WattOSデスクトップ

公式ページはコチラ↓
PlanetWatt(公式)
http://www.planetwatt.com/

日本語版はコチラ↓
ライブCDの部屋
http://simosnet.com/livecdroom/
※『ライブCDの部屋』では様々なLinuxディストリビューションの日本語化をされています。
※いつもお世話になっておりますm(__)m

軽量・省電力を謳うLinuxディストリビューションの一つ。
2013年9月現在、最新版は R7 である。
最新版はベースが Ubuntu なので、ハードウェア認識率、操作性は良い。
トップ画像はLiveCD起動時のデスクトップ画面。

今回は『ライブCDの部屋』から wattOS-R7-32-jp.iso を選択。
容量535MBは昨今の肥大化した多くのディストリビューションに比べればかなり軽い方だろう。

今回インストールしたPCはコチラ。

【PC環境】
PC:acer ASPIRE ONE 533
CPU:Intel Atom CPU N455 @ 1.66GHz
メモリ:2.0GB (元の1GBを2GBと差し替え)
内蔵HDD:160GB


<余談>

元々のOSは Windows7 Starter で初めてのWin7機であったのだが、あまりの使えなさに Win8(評価版) をインストール。その後評価版も使えなくなり、現況 Lubuntu12.04 + Android-x86 + wattOS のトリプルブートで使用中である。


インストール手順

いつも通り UNetbootin でライブUSBを作成。
インストール先のPCでUSB起動。
ログイン時にユーザー名を『guest』、パスワードは空欄でログイン。
内蔵無線LANもすんなり認識し、右下の電波アイコンのクリックからすぐ繋がった。
デスクトップにある『wattOS 13.04 のインストール』からインストール作業。

WattOS インストール

普段 Ubuntu を使っている方にはお馴染みのインストール画面。
元々のOSを削除せずにインストールできるのだが、選択によってはGRUBを書き換えられてしまう。
カスタムインストールすれば良かったのか?

今回の使用したPCは、元々 Lubuntu + Android-x86 のデュアルブート環境、予め wattoOS 用にパーティションを空けておいた。
そこに、『元のOSを削除せずにインストール』を選択したのだが、GRUBが wattoOS に書き換えられ、ブート画面で Android-x86 が選べなくなってしまった。
Lubuntu のライブUSBから再度GRUBのインストール、設定ファイルの編集を行った。

第一パーティション:ストレージ(データ保存用)
第二パーティション:Lubuntu 12.04
第三パーティション:Swap
第四パーティション:Android-x86
第五パーティション:wattoOS

WattOS Gparted画面

初期アプリケーション

初期アプリケーションは以下画像参照。『Shutter』はキャプチャのため追加してあります。

アプリケーション[アクセサリ]

WattOS アプリケーション[アクセサリ]

アプリケーション[インターネット]

WattOS アプリケーション[インターネット]

アプリケーション[オフィス]

WattOS アプリケーション[オフィス]

アプリケーション[グラフィック]

WattOS アプリケーション[グラフィック]

アプリケーション[マルチメディア]

WattOS アプリケーション[マルチメディア]

アプリケーション[システム]

WattOS アプリケーション[システム]

アプリケーション[設定]

WattOS アプリケーション[設定]

アプリケーションの追加には『Synaptic パッケージマネージャー』を使う。コレも以前から Ubuntu を使っている方にはお馴染み。本家は『ソフトウェアセンター』になっちゃったけど。

感想・環境設定

デスクトップ環境は LXDE で軽快。余計なプログラムも動いていないためか Lubuntu よりサクサク動く。
Lubuntu で Chromium の動作時にメモリ不足でページが読み込めない事もあったが、wattOS では今のところそのような現象は無い。

文字入力に Mozc が標準で使えるのは嬉しい。ただし設定が行えないのでターミナルから追加する。

sudo apt-get install mozc-utils-gui

ibusを再起動。

ibus-daemon -drx

コレで設定ができるようになった。

ファイルマネージャの PCManFM は軽快なんだけどネットワークドライブが閲覧できない。 そもそも Samba が無い。 なので Synaptic から Samba と Nautilus をインストール。 Nautilus は表示が変だが・・・

仕事用のOfficeファイルも閲覧・編集できるように Libre Office をインストール。

と、ここまで。
で、肝心の省電力効果はというと・・・

メインで使っている Lubuntu より多少長持ちかな?

という程度。気持ちの範囲である。
ドコを調べても何故省電力なのかが分からないし。

省電力はともかく手軽に使えて、トラブル時でも情報が豊富な Ubuntu の対処方法がそのまま使えるのは良い。
アプリも簡単に追加できるし。

カスタムすれば十分メインで使えるOSである。

LINEで送る
Pocket

サイト内検索

スポンサードリンク

これ書いてる人

こんな記事書いてますが本業は ラーメン屋 です。 詳細はコチラ



follow us in feedly

PAGE TOP ↑