書評:マンガでわかるアフィリエイト (著:あびるやすみつ)

公開日:  最終更新日:2014/02/10

LINEで送る
Pocket

今年読んだ本の中で読後一番”スッキリ”した本!
いや堀江貴文氏の「ゼロ」も相当スッキリしましたが、探している情報に一番簡潔に分かりやすく答えてくれたという意味では一押し!

著者は日本アフィリエイト協議会監査役で、アフィリエイト創世記から自ら実践してきた人。
自分も含めたくさんの成功者や失敗者を見てきているでしょう。胡散臭い詐欺まがいの商法や、法律的な問題にも答えてくれています。

この本の中にはひょっとすると”アナタ”が登場するかもしれません。

◆子供の将来のために素人からコツコツ勉強して、少しずつ実績をあげている専業主婦。

◆楽して稼ぎたいと「自動○○ツール」を購入したが成果が上がらず、自称プロのコンサルタントに金を貢いでしまう頭の弱い主婦。

◆「オレは他の奴等とは違う」と一発狙い屋で地道な努力もせず、稼ぎの実態のないエセコンサルタントのセミナーに次々と金を使ってしまう勘違いサラリーマン。

◆家庭のためにゼロからプログラミングの勉強をして、ユーザーにとって役に立つ旅行サイトを作って実績を出した工場勤務社員。

◆ゲーム会社からウェブ会社に転職、勤めながらアフィリエイトサイトを運営し独立・起業した社長。(←これは著者のこと)
※著者に関しては独立後の苦労話も掲載されています。

「稼ぎたい」って思う気持ちは誰しもきっと持っていると思う。「お金なんていらない」って人はほぼいないでしょう。
で、そこに「楽して」「カンタンに」 とかって要素が入ってくると ” 道 ” を踏み外す第一歩になりかねない。

一足飛びで「近道」を探している人には無用の本です。というか読めばそんな近道など存在しないことがよく分かります。

今まさにその世界にいる人にとっては、自分を客観視する良い機会となるでしょう。
これから始める人にとっては、全体的な概要を知り、何から始めたら良いか、注意点はどこかを知る良い指針となるでしょう。

何も知らずただなんとなく「ホントに稼げるのかな?」「怪しいな」とか思っているのならばまずは読んでみることをオススメします。
無知であることが一番危険で、「欲」や「一時の感情」に流され情報強者に騙されてしまうからです。

漫画だけでなく間にある解説(活字)で、アフィリエイターの実態、情報商材、エセコンサルタント、法律的な問題についても触れていますので読み応えもあります。
変なものに何万も「先行投資(←皮肉です)」する前に千円少々出したっていいんじゃないでしょうか?
むしろこれこそ「投資」というものです♪

LINEで送る
Pocket

サイト内検索

スポンサードリンク

これ書いてる人

こんな記事書いてますが本業は ラーメン屋 です。 詳細はコチラ



follow us in feedly

PAGE TOP ↑